EEIが配送サービスでフィリピンの物流に食い込むそうだけど。

少し前に触れたユーチェンコ・グループのHouse of Investments傘下の建設大手EEI Corporationが配送サービスアプリの“eCarga“をリリースしました。そもそもユーチェンコ・グループって何ぞやって方は以下の記事をご覧ください。

そもそもフィリピンの物流がどうなっているのかを整理しておくと、主に飛行機・船・トラックによる陸運の3つに大別されます。以前はフィリピン国鉄の貨物輸送もありましたが1992年に停止されて以降、運輸サービスは提供されていません。フィリピンは多くの島で成り立っていますから海運がとても重要になるのは間違いありません。したがってInternational Container Terminal Services, Inc.のような港湾サービスはフィリピンにとって重要な位置を占めるわけですね。

しかし飛行機にしても船にしても、そのあとの陸運は鉄道がサービスを停止しているためトラック輸送に頼らざるを得ない状況なわけです。そのような状況にあってEEI Corporationが突如として配送サービスのマッチングアプリをリリースしたわけです。建設王手が何故・・・という気がしないでもないです。

ディスクロージャーによると、eCargaは荷主とトラックドライバーやオーナーをマッチングさせるものだそうです。いやいやフィリピン国内には既に配達サービスがあるので新規参入は厳しいんじゃないの?と個人的に思うわけです。

たとえばフィリピンの運送サービス(BtoBとBtoCを含む)は以下のような業者があります。

  • Grab Express
    • 恐らくタクシーやデリバリーで使用したことがある人もいるかもしれませんが、その荷物版といったところです。ドライバーを予約してリアルタイムで荷物を追跡することができます。配達スピードは指折りの速さで、またドライバーにはトレーニングを受けさせているため安全に荷物を届けることができます。ただしバイクでの配達に限られているので大きな荷物は運べません。
  • Lalamove
    • Lalamoveはバンなどの大型車での輸送も請け負っていて書類から家具など大きな荷物まで対応しています。また配達記録など顧客が求めるサービスを的確に提供しているので比較的良く使われている印象があります。
  • Transportify
    • フィリピン国内では評価の高い運送サービスを提供しています。スマホアプリで簡単に発送の予約を行え、さらに必要に応じてバンやトラックなどの車両を選択することができます。また島から島の輸送にも長けていて、BtoCだけではなくBtoBでも大きな存在感を示しています。
  • Fastrack
    • サービスの利用し易さに関しては屈指のサービスで、ユーザー登録をして数ステップで集荷の予約ができます。またコストを極力抑えたい場合も選択肢のうちの1つとして考慮できる価格を提供してくれています。
  • Entrego
    • サービス範囲は広いとは言えませんが、とても速い企業向けの運送サービスを提供しています。企業のニーズに合わせたソリューションを提供しているのが大きな特徴と言えるかもしれません。

eCargaは荷主とトラックドライバーやオーナーとマッチングさせるサービス、つまりGrabのトラック版ような感じになるかと思います。ディスクロージャーを少し詳しく読んでみると次のようなことが書いてあります。

eCargaのモバイルアプリを利用すれば荷主は数回タップするだけで必要な配送情報を入力し、集荷・配送予約することができます。トラックのオーナーはウェブサイトを介して顧客のリクエストにアクセスし、運賃やスケジュールの管理を行うことができます。トラックオーナーは依頼を受ければドライバーに仕事のリクエストを出し、ドライバーは自分のモバイルアプリを通じて仕事の詳細を受け取れます。

そのまんまGrabの貨物版ような雰囲気ですが、ほぼ他社のサービスと被っていますし、正直EEIが何を目論んでの参入なのか読めません。建設王手である利点を用いて建設資材などに特化させるのかなと思いきや、ホームページを見る限り建設業に特化した様子でもありません。なぜ今になって、そして今のタイミングでの参入なのか、その狙いは何なのでしょうか。

もちろん寡占状態より競合他社が増えた方が価格競争やサービス内容の改善などが行わるわけですから消費者としては選択肢も増えてメリットばかりですから喜ぶべきでしょう。ただ投資する側としてはどうなんでしょうね。ポジティブな材料と取るべきなんでしょうか。

ちょっと意外なところからの意外な参入だったので、ついつい記事として扱ってしまいましたが、もしかしたらeCargaが他社を買収して大きくなる可能性もあるわけですから、どこか記憶の片隅にでも置いておきたいとは思います。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

ホテルの予約やYahooショッピングなどで買い物をする前にMoppyを介せばポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化できるのでフィリピン株の買い増しにも使えます!

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。