Adobe inDesignを使ってAmazon KDPで英語の本を出す難しさ。

コロナウイルスのパンデミックが始まってから僕のフィリピンの友人たちの多くが職を失うことになりました。そして彼らからは「お金を借りるのは恥ずかしくて頼めない。だから何か仕事をくれ」という声が多くありました。

僕ができることと友人のできることとをすり合わせ、そのうちの一人のプロジェクトとしてセブアノ語と英語の本をAmazonで出版するという目標を立てました。inDesignやillustratorなどの使い方を一から教え、稚拙ですがセブアノ語の日常単語集を作りました。

Amazon KDPではEPUBやWord等での入稿ができますが、今回は使い方を学ぶという意味も込めてinDesignでEPUBを出力して電子書籍及びペーパーバックの出版をAmazonで行いました。無事にEPUBで出力ができ、Previewerなどでファイルを確認し、問題がないということで出版ボタンをぽちりと押して出版されるのを待ちました。しかし待てど暮らせど出版準備中から動きません。

以前、同じような経験があったのでAmazonに未だ出版されていないこと、かつ言語設定などに原因があるのではないかと問い合わせました。日本のAmazonはテンプレ回答で役に立たず、アメリカのAmazonに問い合わせると原因は言語設定にあると考えられるのでEPUBを解凍してメタデータなどがja-JPなどになっていないかを確認するように案内されました。ただ出版申請自体は日本のAmazonで行っているので、出版の設定変更などは日本のAmazonしか対応できないとの回答を得ました。

数日経ってから漸く日本のAmazonから以下の内容のメールが届きました。

本のメタデータ (商品の詳細情報) は「英語」に設定されておりましたが、アップロードされたコンテンツファイルに指定された言語設定が「日本語」とあり、それぞれ異なっております。現在、この問題のため、本が出版されておりません

それに原因があるんじゃないかと問い合わせたのに、それには一切触れずにテンプレ回答を寄越したのは誰かと…。ということで、ここからが問題です。

Amazon KDPでは英語の出版も行えます。しかしinDesignでEPUBを書き出すと言語設定がja-JPとなります。これが日本のAmazon KDPでエラーを吐く原因です。しかしinDesignではこれを変える手段が今のところありません。EPUBを解凍してメモ帳などでチマチマと書き換える手はありますが、そんなことやってられません。

因みに同様の話がAdobeのフォーラムに上がっていました。フォーラムの内容を読む限り根本的な解決には至っていないようです。

InDesignで作成したEPUBで電子書籍が出版できない

ということで対策として考えられることは以下の3つになります。

  • inDesignを使用せず別のソフトを使う
  • EPUBを別のソフトで編集する
  • Amazon KDP側の出版を日本語に切り替える

一番手っ取り早いのはAmazon KDP側の出版を日本語に切り替える方法です。しかし出版された後、ご丁寧に(Japanese Edition)と題名に注記が施されます。つまり「なんだ日本語の本か」ということで読まれない上に日本人からは「英語の本じゃん!」とクレームを受けるダブルパンチをくらいます。

inDesignを使用せず別のソフトを使うのは本旨に反するので、結果としてEPUBを別のソフトで編集する方法を取りました。使用したのはSigil EPUB Editorです。ダウンロードしてinDesignで書き出したEPUBをSigilで開きます。次にcontent.opfを探します。content.opfを開くと以下のようにja-JPとなっている部分があります。これをenと書き換えます。

次にinDesignでどのような編集をしているかにも依存しますが、僕はブックを作りドキュメントを追加していく方法を取っています。ブックにドキュメントを追加する方法を取っている理由として、リフロー可能な電子書籍を作った場合にinDesignで改ページするにはブックを作りドキュメントを分ける方法でしか改ページが効かないからです。たぶん別の方法もあるかもしれませんが僕の方法です。詳しい人がいたら教えてください。

さてSigilでEPUBを開くとinDesignで追加したドキュメントが独立したhtmlの形で表示されます。お気づきかもしれませんが、その1つ1つを書き換えていくという地味な作戦です。htmlを開くとlang=”ja-JP” xml:lang=”ja-JP”と書かれた部分があります。

“ja-JP”のところを”en”に書き換えます。もしイギリス英語やアメリカ英語など特定しておきたい場合はen-USやen-GBなどに変更します。今回は”en”とだけ書き換えました。

この単純作業を延々と続けます…。検索と置換で一発ですけど。

これでAmazon KDPで英語の書籍として出版申請したところ無事に通りました!

inDesignが言語設定に対応してくれればいいのですが、今のところ設定で変更できるようにはなっていません。したがって2021/12現在ではinDesignでEPUBを作ってAmazon KDPで英語書籍を出版する場合はSigilでチマチマと書き換える作業が必要となります。

AmazonかAdobeかが上手く対応してくれればいいんですけど・・・。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です