【フィリピン株】ダブルドラゴンプロパティーズについて。

ジョリビーとダブルドラゴンプロパティーズが産業用REITのIPOを目論んでいることを記事にしました。

よく考えれば、ダブルドラゴンプロパティーズって何ぞや?という人の方が圧倒的に多いでしょうから、自分の整理も含めて少しまとめておきたいと思います。

ダブルドラゴンプロパティーズの主要事業

ダブルドラゴンプロパティーズは不動産開発企業で、主要事業にはコンドテルの販売 (Hotel 101 Fort)やマニラ首都圏のPasayのベイシティの大きな商業ビルの経営が挙げられます。恐らく一般の人々と一番接するのはCityMallというショッピングモールの経営です。CityMallはフィリピン国内に38店舗を構えています。

CityMallはこんな感じの店舗です。

ベイシティにあるダブルドラゴンプラザはこんな感じのビルです。

ダブルドラゴンプロパティーズの創業者

上の記事でも触れましたが、ダブルドラゴンプロパティーズとジョリビーは蜜月の関係にあります。それもそのはず、ダブルドラゴンプロパティーズはジョリビーの創始者であり、また現会長であるトニー・タン・カクティオン氏と、2010年にジョリビー傘下となったチキンバーベキューチェーンのMang Inasal (マンイナサル)の創業者エドガー・シア氏によって保有されている会社だからです。

ただきちんと整理しておかないといけないのは、あくまでトニー・タン氏は個人的に保有しているわけであってジョリビーフードコーポレーション (JFC)としてダブルドラゴンプロパティーズの株式を保有しているわけではないということです。したがって、ジョリビー傘下なのではなく、あくまで別の会社ですので蜜月の関係というわけです。

フィリピン史上2番目のREIT

ダブルドラゴンプロパティーズはフィリピンで史上二番目のREIT(DDMP REIT, INC)を上場させました。

2021年の第1四半期の利益は前年同期の3億5,780万ペソから3億9,965万ペソとなりました。つまり11.7%ほど増加したことになります。また賃料による収入は前年同期の4億9,952万ペソから5億859万ペソに増加しています。

コロナウイルスの影響があったにしても、かなりポジティブな状況と言えるでしょう。

ただし株価が冴えない

ダブルドラゴンプロパティーズのREITであるDDMPは2021年3月19日に2.25ペソで上場して間もないので、そこまで価格変化を気にする必要はないのかもしません。現在値が1.99ペソですから配当で収支としてプラスを目論むことができるかもしれません。

注目したいのはダブルドラゴンプロパティーズそのものの株価です。

一時的にトリプルバガーのような値動きをしていますが、パンデミックが始まる前には急激に値を下げています。ジョリビーとマンイナサルの創業者のダブルタッグというドラマ性から買われたんじゃないかとは思っています。ただジョリビーとダブルドラゴンプロパティーズが目論んでいる産業用のREITは、そのドラマを現実のものとするかもしれません。ダブルドラゴンプロパティーズは今後も注目したい銘柄ではあります。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

ホテルの予約やYahooショッピングなどで買い物をする前にMoppyを介せばポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化できるのでフィリピン株の買い増しにも使えます!

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。