日本に居ながらフィリピンの証券口座を開設してみた ~その2~

前回に引き続いて、登録完了メールから口座開設のお知らせまでの過程を紹介します。

登録完了メールの内容

必要事項を全て埋めるとAB証券から下のような自動返信メールが届きます。

2行目をざっと翻訳すると以下の通りです。

AB証券を択んでくれてありがとう!お申し込みはきちんと送信されました。口座開設準備のために、最低初期投資金として10,000ペソを次の方法で振り込んでください。

ここでAとBの選択肢が用意されますが、BPI、BDO、Metrobankのアカウントを持っていないので必然的にBを選択することになります。ここでWISEを通じて送金をします。Metrobank and Trustの口座はドル建て口座のようなので日本円やペソで送金するとエラーになります。僕はBDO宛に送金しました。WISEで午前中に入金すれば当日中に着金するようです。この時に送金した明細のスクリーンショットを撮っておきましょう(WISEでの送金が終わった段階でPDFがダウンロードできます。それを画像ファイルに書き出す方法もありますがスクリーンショットの方が簡単だと思います)。

10,000ペソを振り込まないと口座開設のプロセスは進みません。当然のことですが、この10,000ペソは口座開設後の余力として使えますので振込手数料のことを考えて多めに送金した方が良いと思います。

入金後にすること

送金をしたら必ず上のメールにもある”deposit alert“を押してAB証券に振り込んだ旨をお知らせしましょう。Deposit Alertのページは難しい内容ではありませんが、”Name of bank”と”Name of branch”については送金した銀行の情報を入力します。僕はWISEを使用したので”Name of bank”にはWISE、”Name of branch”には”Online”とのみ書きました。

ここで送金した明細のスクリーンショットを”Proof of deposit”で添付します。

これでSUBMITボタンを押せば完了です。

英語での面接

AB証券からビデオ通話での面接・・・と言っても単なる本人確認の有効性を確保するため面接に過ぎませんが、そのスケジュールが以下のようなメールで送られてきます。

メールに書いてあるように、5分程度の本人確認のビデオ通話で堅苦しい面接ではありません。それと本人確認のために録画しますから許してねってぐらいの内容です。

問題はこちらの時間の都合などお構いなしでスケジュールを組んできます(笑)

僕の場合は前日の23時頃に翌日マニラ時間14時頃の面接メールが来ました。在宅ワークに切り替わっていたので問題はなかったのですが、たぶん時間の変更はしてくれると思います。

聞かれたことは以下の通りですが、順番は覚えていません。

  • 名前
  • 誕生日
  • 住所
  • 職業
  • 登録した時に使用したIDの表示
  • パスポートと同じサイン

難しい英会話ではありませんが、私の担当は少しフィリピン訛りの強い英語でした。不安がある人はオンライン英会話で練習しておくのが良いと思います。

面接の最後は「本人確認も済んだから2〜3日後にはアカウントは開設されると思うよ」という案内をされて終わりです。

口座開設のお知らせメール

本人確認の面接が済んで口座が開設されると次のようなメールが届きます。

ここで重要な”How to Fund Your AB Capital Account”ですがリンク切れで視聴できません(笑)と言っても送金方法は初期投資金を送金した方法と同じなので困ることはないと思います。私は念のためにAB証券に問い合わせましたが、翌日には懇切丁寧なメールで送金方法を教えてくれました。

これで無事に口座を開設することができました!

まとめ

口座開設に要した時間は土日を含めて丁度1週間でした。これは想定していた時間よりもかなり早いです。もちろん申し込みするためには簡単な英語が出来なければいけませんし、分からないことがあっても自分で英語を用いて解決する力が必要です。ある意味で英語の勉強にもなりますし、口座を持つだけならば無料ですから試してみてもいいのではないでしょうか。

別の機会に、実際の売買を紹介してみたいと思います。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

ホテルの予約やYahooショッピングなどで買い物をする前にMoppyを介せばポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化できるのでフィリピン株の買い増しにも使えます!

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする
コメント (4)
  1. Jay より:

    参考になりました。有難うございます。

    1. Zumi より:

      お役に立てれば幸いです!

  2. ちの より:

    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    銀行口座がなくても、証券口座を開設できると理解しました。
    入金まではわかったのですが、出金はどのようにしますか?

    1. Zumi より:

      コメントありがとうございました。出金方法ですが別記事に用意する予定でしたが、そのときの記録を詳細に取っていなかったので次回の出金のときに記事を作成する予定です。
      少し分かりづらいかもしれませんが僕の出金方法を紹介しておきます。WISEアプリにてUSD Accountの開設を申し込みます。USドル口座後にAccount detailsからOutside the USのタブをクリックします。少し下に移動すると”Your account details to share”という表記があります。そのすぐ下にスイフトコードや口座番号などの詳細が表示されています。次にABキャピタル証券の”How do I withdraw to US Dollar?“に記載されている必要事項をコピーしてメールに貼り付けます。あとはWISEから提供されている口座の詳細を書き加えて送信するだけです。早ければ翌日にはWISEのUSD口座に着金します。ABキャピタル証券はルーティングナンバーを要求していますが、WISEのQ&Aを読んで頂いた方が分かりやすいかと思います。日本円で受け取るにはWISEから日本円口座に移して銀行振込するだけで完了です。少し手順が大変ですが、ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。