【フィリピン株:実験日報】6日目

今日は日本市場がオリンピックに伴う祝日の移動で休みでした。オリンピックに興味がない身としては、その都合で祝日が移動させられるのは些か腑に落ちません。それはさて置き、どうもオリンピックはいろいろな意味で歴史に残りそうな雰囲気となってきました。その反面で想像を絶するスピードで日本の国際的な地位が低下していく様を目の当たりにするのはもどかしさがあります。オリンピックもさることながら、オリンピック後の日本の在り方に不安を覚えます。

さて、フィリピン株式市場の終値は6,576.62ペソで前日比+100.41, 割合にして+1.55%となりました。全戻しとはいきませんでしたが、日本の株式市場と比べて底強さを感じる値動きでした。

実験対象のAC Energyは値を少し戻しました。7.99ペソで始まり、安値は7.98ペソ、高値は8.25ペソ、終値は8.22ペソでした。前日と比べて0.22ペソ、+2.75%となりました。

AC Energyの評価損益は-3,721.31ペソ、-8.22%となりました。10時47分に約8.03ペソで3,100,000株の大口の売りが出る中で値を上げたのは底値の強さの現れなのかもしれません。それでも唯一僕のポートフォリオの中で表示が赤い銘柄に変わりはありませんが(涙)

Investingの指標が変わってきた

Investing.comのAC Energyの日足は「強く売り」へと変化しました。

週足では総合的に「強く買い」の判断ですが、ところどころ売りの指標が現れるようになりました。

まだ結論を出すのは早いでしょうけども、テクニカル分析って本当に信じるに値するものなんでしょうか。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

ホテルの予約やYahooショッピングなどで買い物をする前にMoppyを介せばポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化できるのでフィリピン株の買い増しにも使えます!

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。