AllDayのIPOが承認されました。

奇しくもマヌエル・ビリヤール氏の記事を書いたばかりにAllDayのIPOがSECに承認されました。

ニュースでAllDayが上場する話を知ってはいました。しかしPSEやPSE Edgeなどで公式に公開されていなかったので、信憑性に欠けるとして記事としませんでした。ところが24日にSECが正式にAllDayのIPOを承認したので、ビリヤール氏に触れた記事も書いたことだし、一応は記事にしておこうと思ったわけです。

ざっと触れる程度にしますが、詳しくはSECのPress Releaseで必ず確認してください。

AllDayのIPO価格は1株0.80ペソで、6,857,143,000株の普通株式を売り出し、685,714,000株のオーバーアロットメントが付いています。資金調達の使用用途は77.5%が41億ペソの銀行の融資返済に当てられ、残りの22.5%は店舗の拡大などの費用に用いるそうです。IPO期間は10月15日から25日までで、11月3日上場の予定です。

AllDayはMerry MartRobinsonsと同じく小売業ですが、コロナウイルスの蔓延の状況にあっても上半期の売上高は前年同期比19.7%増の44億9,000万ペソ、利益は前年同期比58.8%増の1億7,960万ペソと健闘しています。

ただやっぱりパンデミックの影響は避けられないわけで、IPOに申し込むかどうか悩ましいところですね。

しかしこの募集価格、実に絶妙だと思いませんか?

ビリヤール氏の戦略なのかAllHomeも申し込みしやすい価格で募集をかけました。すると必然的に注目が集まりますから、まさにIPOバブルよろしく上場後のボラタリティが大きくなると思います。主幹事や株価安定機関がPNBなら考えものですがAllDayのIPOはBDOやChina Bankが担当します。そのためPNBのような協力な株価安定は起きづらいと思っています。

まだまだ先のIPOですからリサーチの時間もありますし、なんならABキャピタル証券に口座開設する時間だって十分にあります。価格が価格ですから経験的にフィリピン株のIPOを経験しておくのも一興でしょう。

まだ最低申し込み単位が公開されていませんから僕は申し込むかどうか悩んでいます。

また何か引き続き進展があれば共有するようにしたいと思います。

フィリピン株の購入資金を貯めるならMoppy (モッピー) がおススメ

ホテルの予約やYahooショッピングなどで買い物をする前にMoppyを介せばポイントが貯まります。貯まったポイントは現金化できるのでフィリピン株の買い増しにも使えます!

累計会員数900万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

この記事を書いた人
株式投資とか不動産投資とか、あと旅行とか大好物です。これまで58カ国と10ヶ所くらいの微妙な地域を訪れました。英語の勉強もしていますが、なかなか上達しないのに色々な言語に目移りしがち。なぜかフィリピン株中心のブログになってますが、基本的には僕のしがない日記です。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。